オンライン決済サービス「エコペイズ」に入金できない理由

エコペイズは、日本でのサービスから撤退して使えなくなったネッテラーに代わって、オンラインカジノのユーザーから人気を集めているオンライン決済サービスです。
しかし使い始めたばかりの人からは、「エコペイズに入金できないのでオンラインカジノで遊べない」というような苦情を聞くことがあります。

多くのオンラインカジノでは、時間制限付きのプロモーションが開催されたとりと、急に入金が必要になるのはよくあることなので、オンライン決済サービスが使えないというのはオンラインカジノのユーザーにとっては致命的です。

このような状況に陥らないためにも、どのような場合にエコペイズに入金できなくなるのかを把握しておくことで、慌てる必要がなくなります。
ここでは、ネッテラーに代わるオンライン決済サービス「エコペイズ」に入金できない理由を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ログイン不能になったときの原因は?

ログイン不能になったときの原因は?

「オンラインカジノに入金したいのにエコペイズにログインすらできない!」
もしこんな状況に陥ったら場合に考えられる原因は、メンテナンス中、何らかの理由による口座凍結、そして口座の長期放置です。

エコペイズはセキュリティ対策で、口座を60日以上放置すると強制的にパスワードがリセットされ、再設定するまでログインが出来なくなる仕組みとなっています。
もしこの状態に陥った場合は、サポートセンターに問い合わせることでパスワードの再設定を行い、再びログイン可能にすることができます。

次に考えられるのが口座の凍結ですが、何か利用規約に違反するような不正行為をすると、アカウントが閉鎖され口座も使用不能となります。
もしまったく身に覚えがない場合は、サポートセンターに問い合わせて事情を説明すると、アカウントが再開される可能性があります。

このようなトラブルに見舞われないためにも、日頃から利用規約に従ってエコペイズを利用することが必要です。
また滅多にありませんが、エコペイズ側に何らかのトラブルがあって緊急メンテナンスを行っている場合に、ログインできなくなることもあります。

実際、2019年に全面的なメンテナンスとなり、しばらくログインできなかったこともあったようです。
このときは幸いにも比較的短時間で復旧しましたが、これはどのオンライン決済サービスでも起こりうるトラブルなので、緊急用に予備のオンライン決済サービスを用意しておくことをおすすめします。

銀行の営業時間外で入金が反映されない

エコペイズへの銀行振込を使った入金は、オンラインやATMからいつでも手続きが可能ですが、実際にエコペイズの口座に振込が行われるのは、銀行の営業時間に限定されています。
つまり銀行が閉店したあとに振込を行っても、実際にエコペイズに反映されるのは早くても翌日ということです。

具体的に説明すると、週末の土日にオンラインカジノで遊ぶため金曜日の夜に銀行振込をした場合は、すでに銀行が閉まっており、さらに土日も休みなので、実際にエコペイズに入金が反映されるのは月曜日ということになります。

週末にどうしてもオンラインカジノで遊びたい場合は、プロセスの遅延にも配慮し、水曜日か遅くとも木曜日には銀行振込を済ませておくようにしましょう。

おすすめの入金方法はこれだ!

おすすめの入金方法はこれだ!

オンライン決済サービスのエコペイズには、様々な入金方法が用意されていますが、ズバリ一番のおすすめは銀行振込です。

以前はクレジットカードを使って直接エコペイズに入金できたのですが、クレジットカードがギャンブル目的に使用できない決まりとなり、今はオンラインカジノ関連のオンライン決済サービスでは使えなくなってしまいました。

現在でもエコバウチャーという手段を使えば、クレジットカードを使って間接的に入金は可能ですが、手数料がかかるデメリットがあるのであまり人気はありません。
ポケットチェンジというサービスもあり、現金を使って入金できますが、空港や駅に設置されている端末が少なく、限定的な地域でしか使えないデメリットがあります。

仮想通貨もエコペイズで使用可能で、入金が反映されるタイミングが早いというメリットがありますが、仮想通貨の価値は常に変動しているので、入金時に暴落でもしようものなら大きな損をしてしまうことになり兼ねません。

そもそも仮想通貨自体がギャンブルのようなものなので、使用するにはそれなりの経験や知識が必須となり、初心者にはおすすめできません。
各入金方法のメリットとデメリットから総合的に判断すると、 手数料が5%と低く、手続きを日頃から使っている口座を使えるという手軽さから、やはり銀行振込が最適だと言えます。

銀行振込によるエコペイズへの入金を使う際は、銀行の営業時間にだけ注意するようにしましょう。

まとめ

まとめ

ネッテラーに代わるオンライン決済サービス「エコペイズ」に入金できない理由を解説してきましたが、参考になったでしょうか?

エコペイズにログインできず入金が出来ない場合は、「長期放置によるパスワードリセット」「違法行為による口座の凍結」「メンテナンス中」などが考えられるので、利用規約をよく確認するようにしましょう。

銀行振込をしてもエコペイズに入金されない場合は、銀行が営業していない可能性があるので日付を確認してください。

エコペイズには仮想通貨やエコバウチャーなど様々な入金方法が用意されていますが、一番のおすすめは銀行振込です。
銀行振込は手数料も比較的安く、いつも使っている銀行口座を使えるので手続きも簡単です。

カジノシークレットの特徴であるキャッシュバックはお得なのか

カジノシークレットはキャッシュバックシステムが魅力的なオンラインカジノです。
初回入金時に得られるウェルカムキャッシュバックのほか、2回目以降の入金でもキャッシュバックが得られるインスタントキャッシュバックも特徴的といえるでしょう。

しかし、このキャッシュバックはお得なのでしょうか。
今回は、このシステムの盲点を紹介し、お得なのかについて解説します。
そして、実際にキャッシュバックされるのはどのような流れなのかをまとめました。

カジノシークレットの特徴であるキャッシュバックはお得なのか

カジノシークレットのキャッシュバックの盲点

カジノシークレットのキャッシュバックはウェルカムキャッシュバックとインスタントキャッシュバックそれぞれで盲点があります。
ウェルカムキャッシュバックは入金額の50%ということから、大金をいきなり入金してしまいがちです。

しかし、上限金額が設定されてます。
その上限金額は、470ドル、つまり940ドル以上はいくら入金しても50%に満たないキャッシュバックしか得られません。
また、ベット金額にも制限があります。

スロットでは1スピ温当たり5ドル、テーブルゲームやライブカジノで1ゲーム25ドルです。
大金を初回ベットしていきなりハイローラー張りのベットを行うと制限に抵触し、初回キャッシュバックの権利が失われます。

つまり、一般的なオンラインカジノと同等の扱いになってしまうのです。
この点は見落としがちなので注意しましょう。
大金をベットすると心理的にどんどん使ってキャッシュバックを得たいと思いがちです。

しかし、スロットでいきなり30ドルベットといった行為を行うと、間違いなく制約に該当してしまいます。
中途半端に余った場合は、少ないベット金額でプレイできるゲームで残高ゼロを目指しましょう。
最小ベット額0.01ドルのスロットマシンがカジノシークレットに導入されています。

例えば、ブックオブデッドなどのタイトルが代表的です。
こういったゲームの存在を見落としている場合も少なくないので、少額の残高が余って困る前に該当ゲームを調べておきましょう。

インスタントキャッシュバックは、日ごと、週ごと、月ごとで反映額が異なる点が盲点になっています。
昨日とキャッシュバック率が違うということで混乱するケースもあるので注意が必要です。

基本的にシンプルなカジノシークレットのキャッシュバックですが、こういった盲点があるということを知っておきましょう。

カジノシークレットのキャッシュバックはお得か

カジノシークレットのキャッシュバックはお得か

カジノシークレットのキャッシュバックはお得です。
その理由として出金条件が存在しないことが挙げられます。
一般的なオンラインカジノはボーナスを受け取ると、その金額よりもはるかに大きな金額をプレイしないと出金できません。

しかし、カジノシークレットのキャッシュバックはそのまま出金できてしまう点でお得です。
確かに残高がゼロにならないと受け取れないという弱点はありますが、それに目をつぶってもお得といえるシステムです。

ただ、先ほど紹介した盲点を無視してプレイすると、せっかくのキャッシュバックが受け取れない場合もあります。
そういった点に注意して利用するようにしましょう。

どのようにしてキャッシュバックが発動するのか

どのようにしてキャッシュバックが発動するのか

カジノシークレットでキャッシュバックが発動する事例を紹介していきましょう。
カードゲームを例にとって説明していきます。カジノシークレットのプレイ前に10ドルを入金します。

10ドルのリアルマネー残高となり、2倍配当のブラックジャックをプレイしたとしましょう。
10ドルをバカラに全額ベットして勝利すると10ドルの配当で20ドルになります。
そして、再び10ドルベットして負けが確定します。

ここで残りのリアルマネー残高は10ドルとなりますが、最初に入金した10ドルが消滅し、勝利分の10ドルが残る計算です。
しかし、この場面ではキャッシュバックが発動しません。
あくまで、勝った分を含めてリアルマネー残高がゼロにならないと発動しないのです。

さらに残った10ドルでブラックジャックをプレイし、負けて残高がゼロになった時点でウェルカムキャッシュバックが発動します。
そして、本来であればリアルマネー残高がゼロになっているはずなのに、入金額の50%である5ドルが残っているという仕組みです。

このように完全に残高が失われるまで、プレイして初めてカジノシークレットのキャッシュバックが発動します。
そのため、一向にキャッシュバックが得られず焦る方も知るかもしれません。
しかし、まずは残高がゼロにならないと得られないことを熟知しておきましょう。

ちなみにウェルカムキャッシュバックが発動して残高に加算された際、贈呈された旨のメッセージが表示されます。
このメッセージを確認できれば、きちんとキャッシュバックを受けられた証拠です。

言い換えれば、このメッセージが表示されず、ボーナスも受け取れなければ何らかの禁止行為をしていると理解しましょう。

受け取る前に把握しておきたいボーナスのデメリットとは?

ゲームのお試しに使用できたり、勝利すれば実際に現金として引き出しも可能なオンラインカジノのボーナスですがデメリットもいくつかあります。

オンラインカジノは慈善事業でギャンブルサービスを提供しているわけではないので、運営側にメリットがないことはしません。
顧客にオンラインカジノの魅力を伝えるために、プレイヤー側のリスクなしで遊ぶ機会を与えてくれるのがボーナスであり、無計画にボーナスを配っているわけではないのです。

このようなメリットの一方で、ボーナスには様々な制限があり、その結果としてデメリットも存在しています。

そこで今回は、受け取る前に把握しておきたいオンラインカジノのボーナスのデメリットとは?と題して、ボーナスに関する基礎知識を説明をしていきたいと思います。

引き出し条件が揃うまで出金ができない

引き出し条件が揃うまで出金ができない

オンラインカジノからボーナスを受け取っても、それを実際の即座に出金して引き出すことはできません。
もし配布したボーナスをすぐに引き出されてしまうと、オンラインカジノの運営側からすれば、無料で現金を配っているようなもので、何もメリットがありません。

もしボーナスをすぐに引き出すことが可能なら、ビジネスとしてオンラインカジノを運営することはできずに、すぐに破綻してしまうことでしょう。
そのためオンラインカジノのボーナスには「ボーナス額の何倍を賭ける」というような引き出しの条件を設定しており、そうそう簡単に引き出すことができなくなっています。

条件はオンラインカジノによって違ってきますが、条件が緩いところでは約20倍、厳しいところだと約60倍というような感じで条件を設定しています。
ボーナスを受け取ってオンラインカジノでプレイする場合は、予めボーナスの引き出し条件を確実に把握しておきましょう。

サイトによっては引き出し条件のない、還元システムを取り入れているオンラインカジノもありますが、そちらのボーナス額は10ドルや20ドルと低く設定されていることが多いです。

禁止ゲームの制約で自由にプレイできない

禁止ゲームの制約で自由にプレイできない

オンラインカジノでボーナスを使用してプレイできるゲームは限定されており、除外ゲームと禁止ゲームがあるので、ゲームを自由に選択して遊ぶことができなくなります。

除外ゲームとは、ボーナスの引き出すための条件を整えるための消化ゲームとして使用できないゲームで、これをどんなにプレイしても引き出し条件は満たせません。
つまり、ボーナスをすぐにでも引き出したい人は、除外ゲームを遊んだところで引き出すことはできないのでご注意ください。

次に禁止ゲームですが、文字通り「ボーナスを使ったプレイを禁止にしているゲーム」のことで、除外ゲームよりもさらに厳しいな制限となっています。
万が一禁止ゲームでプレイしていることが発覚すると、ボーナスを全てを没収取されて、さらに悪質な行為を続ければアカウントの凍結になることもあります。

このようにオンラインカジノのボーナスには、除外ゲームや禁止ゲームの制限により、ゲームを自由に選択してプレイすることができないというデメリットがります。
「好きなゲームを存分に遊びたい」という人には、ボーナスを受け取らないほうがいいと言えまるでしょう。

ベットする金額やベットの方法に制約がある

オンラインカジノのボーナスを使用する際、「1回のベットで何ドルまで」「保証金額の何割まで」などの、ベットの限度額が設定されています。
この限度額を超えて一回でも賭けてしまった場合、オンラインカジノが決めている引き出条件を満たしたとしても、引き出しがNGになってしまう場合があります。

このため、大金を賭けて一攫千金を狙うハイローラーのプレイヤーにとっては、ボーナスシステムはゲームの妨げになる可能性もあります。

さらに賭ける方法についても制限があり、例として「2ティアベット」と、いくつかのボーナスを重複して使う「ボーナス・スタッキング」などが挙げられます。
2ティアベットとは、ルーレットの赤黒や、バカラのプレイヤー・バンカー等、約半分の確立で勝利できるゲームに両方に賭ける攻略法です。

このように賭けることで、勝利することもなくなりますが、敗北することもなくなるため2ティアベットを反復することで、リスクを避けて引き出し条件を満たすことができます。
このようなことから、オンラインカジノでは、2ティアベットができないようになっています。

上記のように、オンラインカジノのボーナスには、最大ベット金や賭け方に制限があるので、自分の思い通りに賭けたい!という人には大きなデメリットになる可能性もあります。

まとめ

まとめ

今回の記事では、受け取る前に把握しておきたいボーナスのデメリットとは?と題して、3つのデメリットを説明してきましたが、参考になったでしょうか?

オンラインカジノのボーナスには、実際にゲームに賭けることができ、しかも勝ったときの配当金も引き出すことができる大判振る舞いの特典ですが、そこにはデメリットがあることもしっかり把握しておきましょう。

しかしこれらのデメリットは、オンラインカジノの運営を続けるために必要なことで、必ずしもプレイヤーに不利益になるようなものではありません。
これらのデメリットを差し引いても、プレイヤーに大きな利益と機会を与えることは間違いないので、その特徴をしっかり把握し、お得にボーナスを活用しましょう。

ブラックジャックのルールを覚えて楽しみながら勝利を目指そう

ブラックジャックはオンラインカジノ・ネットカジノの中でも人気のゲームです。
トランプを用いたテーブルゲームは、オンラインカジノ以外の場所でも親しめますので、目にしたことがある人、オンラインカジノ以外のゲームで楽しんだことがある人は多いことでしょう。

そんなブラックジャックですが、ルールがよく分からない人もいるようです。
そこでブラックジャックのルールやゲームの特徴等について見てみるとしましょう。

ブラックジャックのルールは決して難しくない

ブラックジャックのルールは決して難しくない

ブラックジャックのルールはバカラのように、どちらが勝つのかを当てる2分の1の勝率のゲームと比較すると難しく感じてしまうかもしれませんが、それでも決して難しいものではありません。
むしろ実際にブラックジャックを楽しみながらでも、何となくルールを把握できるシンプルなものです。

自身がプレイヤーとなり、相手のディーラーと勝負するタイプのゲームで、ポイントは手札のカードの合計値を21により近づけた側の価値です。
しかし、21を超えると負けです。
このルールがブラックジャックの面白さでもあります。

21に近い方が勝ちですが、より21に近付くために勝負に出てカードを追加したら21を超えてしまい、敗北してしまいます。
自分自身の勝負勘もさることながら、ライブゲームであれば相手ディーラーの表情等から自分自身が有利なのかを考えるなど、心理戦も繰り広げられます。

ブラックジャックが好きな人は、ゲーム性もさることながら、ディーラーとのヒリヒリする心理戦が好きだという人も多いです。
つまりブラックジャックは、ルール、運、そして心理戦。
これらが混ざることで、独特の楽しさが生み出されているゲームです。

ルールを覚えるならまずはビデオゲームで

ブラックジャックのルールは決して難しいものではありません。
21を超えないよう、21により近づける。
ただこれだけです。

しかし、相手との勝負になりますので、自信がないなと思っても勝利するケースもあれば、自信があると思っても相手がそれ以上のカードを用意していれば敗北になります。
この対戦要素もまた、ブラックジャックの楽しさですが、初心者の場合ビデオゲームがおすすめです。

ライブゲームの方が臨場感のある心理戦も楽しめるのですが、心理戦こそギャンブラーとしての力量が如実に現れる部分。
自信満々でありながら困った表情をして相手を騙したり、逆に弱気でありながら自信満々な表情をするなど、ディーラーはあの手この手で相手を困惑させてきます。

その点ビデオゲームの場合、相手はCPUになりますので、心理戦はありません。
自分のペースで取り組むことができますので、まずはルールを把握しながら楽しみたい初心者にもおすすめです。

ルールを覚えるならまずはビデオゲームで

ブラックジャックのルールは基本的に同じ

ブラックジャックは多くのオンラインカジノに用意されているゲームです。
むしろブラックジャックを用意していないオンラインカジノを探す方が難しいほど、どのオンラインカジノにも用意されている、広く普及している人気ゲームです。

そんなブラックジャックですが、どのオンラインカジノでも基本的なルールは同じです。
オンラインカジノによってルールが異なることはありません。

オッズ等に関してはオンラインカジノによって異なるケースもありますが、基本的なルールはどのオンラインカジノでも同じなので、一度ブラックジャックのルールを覚えておけば、どのオンラインカジノのブラックジャックも楽しめます。

ブラックジャックが向いている人は?

ブラックジャックは第三者として予想するのではなく、自分自身がプレイヤーとなってカードを選択しますので、自分自身がプレイヤーとなっていろいろと考えながら楽しみたい人向けのゲームです。
オンラインカジノには他にも多くのゲームが用意されています。

トランプであればバカラも有名ですが、バカラは第三者として勝利者を当てるゲームになりますので、自分自身がプレイヤーとなるものではありません。
つまり、プレイヤーとしての力量が問われるものではありません。

予想するだけですので、初心者でも楽しめる一方で、自分自身でカードを選びたい人は、少々物足りなさを覚えることでしょう。
その点ブラックジャックは自らがプレイヤーとなって相手と勝負します。

「当たるか外れるか」の二択だけではなく、どのように勝つのか、勝負のプロセスの部分まで楽しめますので、自身がプレイヤーとなって楽しみたいのであれば、ブラックジャックのルールを覚えておくとよいでしょう。

ブラックジャックのルールは簡単

ブラックジャックのルールは簡単

このように、ブラックジャックのルールは基本的に簡単なものです。
プレイしながら、何となく覚えられることでしょう。

ブラックジャックの魅力は自身がプレイヤーとなって相手と勝負できる点にありますが、ルールを把握しておかなければ勝負そのものが成り立ちません。

一度ルールを覚えておけば、様々なオンラインカジノで楽しめるだけに、ブラックジャックに興味がある人や、自身がプレイヤーとして楽しめるゲームを探している人もまずはブラックジャックのルールを覚えておくとよいでしょう。

マーチンゲール法は無謀なのか

マーチンゲール法とモンテカルロ法でイメージするのは何でしょうか。
ある程度ギャンブルを体験した方であれば、モンテカルロ法はモナコのモンテカルロにあるカジノをつぶした必勝法というイメージがあるはずです。

一方、マーチンゲール法はどうでしょう、恐らく半数以上の方がドラマなどに出てくるギャンブルで身をやつす人物や無謀な人物をイメージするのではないでしょうか。
果たしてマーチンゲール法は無謀な攻略法なのかについて今回解説します。

マーチンゲール法は無謀と言い切れない

マーチンゲール法は無謀と言い切れない

モンテカルロ法は、堅実な攻略法なのに対し、マーチンゲール法は無謀というイメージがあります。
しかし、実際は言い切れません。

確かに、マーチンゲール法は負けるたびに倍額のベット金額を賭けていくためにとても無謀な印象があります。
しかし、運用を工夫すれば決して無謀な攻略法とはなりません。

その方法について次の項目でお話ししていきましょう。

無謀な攻略法としないためには

無謀な攻略法としないためには
マーチンゲール法を堅実なモンテカルロ法のように運用するためのポイントは4つあります。
それは、資金管理、きちんとした2倍配当のゲームを選ぶ、数をこなす継続力、そして失敗したらすぐにやめるという点です。

資金管理は重要です
マーチンゲール法が破滅的な運用になってしまう原因に、倍に膨れ上がっていくベット金額に無理に対応させようとして資産を一気に失うような管理をしてしまうケースが挙げられます。
ドラマなどで破滅的なベットを行うシーンでは、全額を賭けて、さらに胴元に借金をするというような描かれ方がされていたりします。

こういった絶望的な資金管理ではなく、8連敗(当初の金額の256倍)しても全資産を失わない程度にスタートさせるのが適しています。

例えば、0.5ドルからスタートすれば、たとえ8連敗してもトータルで300ドル未満のダメージで済みます。
また、ベット上限にも触れにくくなるので、安定して攻略可能です。

きちんとした2倍配当のゲームを選ぶのも重要です
バカラは一見2倍配当のゲームに見えますが、バンカー側にベットすると多くのオンラインカジノで0.05倍のハウスエッジがかかり、実質1.95倍配当のゲームになっています。
こういったゲームでは、マーチンゲール法で勝っても利益が出ない可能性があります。

そうならないためにルーレットのレッドブラックやブラックジャックなどのゲームを利用します。
最近では、こういったゲームであっても興奮度を上げるために配当が異なっていたり、ローカルルールによって予想が難しくなっているゲームもあります。
そのため、なるべくシンプルで分かりやすいゲームを選ぶのが重要です。

数をこなす継続力も必要です
モンテカルロ法よりも利益の出しにくいマーチンゲール法は、いくら大逆転をしても利益は初期投資額分しか出ません。
そのため、先ほどの例で行けば0.5ドルの利益です。

それでも利益を出すためには数をこなして利益を重ねなければいけません。
継続するのが重要なので、長続きするように休憩を入れたり、操作しやすいゲームを選んだりといった工夫をするのが適しています。

失敗したらすぐにやめましょう
マーチンゲール法は、一度失敗すると、その損失額は少なくありません。
これをマーチンゲール法だけで取り返すのは困難です。
むしろ傷口を更に広げてしまうケースも少なくないのです。
こういったケースに遭遇してしまったら、おとなしく引き下がるのが重要です。

そうすれば、マーチンゲール法で泥沼に陥ることはありません。
こうなってしまったら、一旦冷静になり、モンテカルロ法など別の攻略法を試してみましょう。

ただ、ここまでのポイントを押さえていれば、こういった状況になる確率は低いので、対処法だけ覚えておくのが重要です。

マーチンゲール法は、損失の泥沼になってしまうと堅実な攻略法とは程遠くなります。
引き際を設定したり、ダメージを最小限にしたり、あるいは継続できるような工夫を行ったりして対応するようにしましょう。

マーチンゲール法を利益の上がる攻略法にする

マーチンゲール法を利益の上がる攻略法にする
マーチンゲール法は、いくら堅実にプレイしても利益の出方の面ではモンテカルロ法に勝てません。
そんなマーチンゲール法の弱点を克服するには、少額で行うグランマーチンゲール法という派生型のマーチンゲール法を利用します。

このグランマーチンゲール法は、初期投資額と前回負けた金額の倍額を足した金額でベットしていくという方法です。
一見マーチンゲール法よりも激しい増え方で増えていくので、やや無謀な攻略法に見えます。

しかし、初期投資金額を先ほどのように0.5ドル程度にすれば、計算は面倒になるものの、ベット額の上がり方が速くとも支払いに耐えられます。
こういったややリスキーなマーチンゲール法を無難に利用するのも有効なマーチンゲール法の運用です。
さらに派生型で3倍にベットしていく3倍マーチンゲール法もありますが、ここまで行くと若干リスクが大きくなりすぎる面もあるので注意しましょう。

他とは一線を画すカジ旅をおすすめする理由

カジ旅は、他のオンラインカジノとは一味違うポイントや特徴があります。
オンラインカジノをこれから始めようとしている人、今までとは違う楽しみ方をしたい人はチェックしてみましょう。

具体的にどんな特徴があるのか、楽しみ方、なぜカジ旅がおすすめなのかの理由をまとめていきます。

ゲーム好きも満足のRPG要素が沢山入っている

ゲーム好きも満足のRPG要素が沢山入っている

カジ旅の最大の特徴は、RPGゲームの要素が入っていることです。
RPGは冒険をして進めていくゲームですが、カジ旅も同じで、敵を倒したりミッションをクリアしたりして進めていくことができます。

登録したらまずは、ヒーローを選択することになり、そのアバターが自分というシステムです。
キャラを育てつつゲームをクリアして遊ぶことができるという、まさにRPG仕様のオンラインカジノです。

冒険エリアは現在4つあり、冒険をしてストーリーを進めていくという流れです。
エリアは自分で選択することができ、好きなゲームで遊びつつ各エリアに潜むボスを倒していきます。

また、カジノ内でSNSを使うことができるのも特徴です。
友達や他プレイヤーと話しながらゲームを進めていくことができるので、オンランゲーム感覚でカジノをしたい人にもおすすめです。

カジノゲームの種類が多くてプレイしやすい

現在、カジ旅で遊べるゲームは1700種類以上あります。

定番人気でもあるスロットやジャックポット、花形テーブルゲームのポーカー、バカラ、ルーレットはもちろん、カジ旅の限定ゲームもあります。

また、スポーツベットや、ジャンボロトもできるのでどれにするのか迷うほど内容が充実しています。
スポーツベットの種類も多く、サッカーや野球、格闘技など20種類以上あります。
Eスポーツも対象となっているので、ゲーム好きやスポーツ好きならより楽しむことができます。

ジャンボロトにも種類があり、他の国のロトを買うことができるのも特徴です。
ユーロ圏で販売されているユーロミリオンズ、イタリアで販売されているスーパーエナロト、アメリカのパワーボールなど種類も豊富。

現地の宝くじと同じ賞金額を獲得できるので、カジ旅は宝くじ好きにもおすすめできます。

お得な入金ボーナスと6倍速スロットがある

お得な入金ボーナスと6倍速スロットがある

カジ旅の入金ボーナスは4回貰えるので、お得に遊びたい人におすすめです。
4回に分けて最大で500ドル貰えますし、100フリースピンも貰えてお得。

トップページにある「キャンペーン」をタップし、「ウェルカムボーナス」から入金していきましょう。

ただし、このボーナスは15ドル以上入金した場合に限ります。
自分で申請する必要があり、キャンペーン画面から入金することも条件になっているので注意しておきましょう。

カジ旅は、BLITZを搭載しています。
スロットの演出がないので、早くプレイしたいときに役立ちますから、無駄に時間をかけたくない人に便利です。

ちなみに、ボーナスモードの演出は選択制になっているので安心です。
カジ旅ならお得な入金ボーナス&6倍速スロットがあるので、お得にサクサク遊びたいにおすすめです。

ゲームを進めていくとカジ旅内で使えるルビーが貰える

カジ旅内には、「ルビー」という通貨があります。
このルビーはゲームを進めていくことで手に入れることができますが、集めるとストアで買い物をすることができます。

売っているのは、「いきなりボーナスステージ」「0.10~0.25ドルのフリースピン」「1.0ドルスリースピン」などです。

ストーリーを進める、ボスを倒すなどしていけば自然とルビーが貯まります。
ここぞという時にストアで購入し、上手に稼いでいきましょう。

ルビーは冒険の途中に貰えることもあれば、キャンペーンで貰えることもあります。
冒険を進めつつキャンペーンなどがあれば登録するようにし、取りこぼしのないようにしていきましょう。

信頼性が高くて遊びやすい環境が整っている

信頼性が高くて遊びやすい環境が整っている

カジ旅は、2015年に設立されたオンラインカジノです。
「Hero Gaming Ltd」という企業が運営していますが、所得難易度が高いマルタ共和国のライセンスも保有しているので信頼性が高いです。

また、日本語サポートが整っているので日本しか分からない人も問題ありません。
チャットとメールで365日サポートを受けることができますし、サポート費用はもちろん無料です。

メールは24時間対応ですが、対応時間は日本時間の16:00~24:00までです。
すぐに返事が欲しくても、対応時間内での返信になるのでその点だけ注意しておきましょう。

カジノゲームのことだけではなく、登録やシステムのことなどどんな質問や疑問でもOKです。

まとめ

カジ旅は、RPGゲーム要素のある珍しいオンラインカジノなので、ゲーム好きの人におすすめです。
対象になるスポーツの種類も多く、宝くじもあり、ゲームの種類も多いので飽きにくさもあります。

6倍速スロットも搭載していてストレスなく遊べることもあり、「楽しみながらサクサク遊びたい」という人におすすめです。
日本語サポートもあって日本人でも問題なく遊べるので、ゲーム好き、カジノ好きなら一度チェックしてみましょう。

パーレイ法は初心者向きの手法

数あるカジノ攻略法の中で、初心者にオススメだと言われているパーレイ法をご存じですか?
パーレイ法とは、「勝った場合に前回賭けた金額の倍の金額を賭けていく」という手法です。

攻略法の中でも有名なマーチンゲール法は、
「負けた場合に前回賭けた金額の倍の金額を賭ける」という方法であるため、「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。

なぜパーレイ法が初心者にオススメなのか、実践する際に理解しておきたいメリットやデメリット、注意点について、分かりやすく説明致します。

初心者にオススメな理由

パーレイ法がなぜ初心者に向いているかと言うと、やはり手法が簡単であるからです。

手法は冒頭でお話した通り、「勝った場合に前回賭けた金額の倍の金額を賭ける」という手法となります。

方法としては、
1:ベットする額を決める。
2:何回連勝するかを決める。
3:勝ったら前回の倍の金額を賭ける。
4:決めた回数連勝したら1度リセット。
(4:負けた場合は最初の金額に戻る。)

この1~4を繰り返していくだけです。
勝った時に倍の金額を賭けるという簡単な作業を繰り返していくだけなので、他の手法と比べ難しい作業がなく、あまり頭を使わなくても良いところがポイントです。

パーレイ法のメリット

パーレイ法のメリット
①初心者でも簡単

何度も言いますが、初心者にとってコレはとても重要なポイントですよね。
簡単な作業なため間違えてしまうことが少ないので、リスクを抑えつつゲームを進めることができます。
他の手法では紙とペンを使って一生懸命考えなければいけないものもたくさんありますが、パーレイ法はその必要はないので気軽に試すことができます。

②賭け金の増え方が速い

この賭け金の増え方がパーレイ法の1番のメリットとなります。
例えば、最初に10ドル賭けたとすると、3連勝で累計収益は70ドル、5連勝で310ドルと、利益の増え方がとても速いです。

利益がすぐに増えるため、資金が少なかったとしても多く稼ぐことができ、初心者の方でも気軽に挑戦することができます。
他にも、短時間で稼ぎたい方などにも向いています。

③リスクが低い

②と同様に最初に10ドル賭けたとします。
もし連勝していくうちに負けてしまったとしても、その損失はたったの10ドル。

利益の増え方はとても速いのに、一気に資金が無くなってしまうことが無いので、リスクが低い中でゲームを進めることができます。

損失する額が少ないため、資金が少ない場合でも安心です。
稼ぎたいけど、あまりハイリスクの中でやるのはちょっと気が引けるという方は是非パーレイ法を使ってみてください。

パーレイ法のデメリット

パーレイ法のデメリット
①1回の負けで利益が0になってしまう

1番のデメリットはコレです。
勝ち続けることができたら利益はどんどん膨らんでいきますが、前回の倍額賭けていくということは、1回負けると一気に全て無くなることになります。

また1回勝てば更に倍額に…という考えで後悔してしまうかもしれません。
すぐに利益が増えたとしても一瞬で全て無くなる場合があるため、注意が必要です。

②連勝出来なければ意味が無い

パーレイ法で稼ぐには、まず「連勝する」ことが前提となっています。
少し連勝しても負けたらゼロに戻るため、勝ち負けをずっと繰り返していても利益は全く増えてくれません。

さらに、負け続けてしまうと勝つまで、勝つまで…と続けてしまい損失額が増えてしまう可能性もあります。

③上限金額に引っかかる可能性がある

オンラインカジノにもテーブルリミットが設けられていることが多いです。
テーブルリミットとは、賭け金の最小金額、最大金額のことです。
パーレイ法は前回の倍額を賭けていく戦法ですから、賭け金がどんどん高くなっていきます。

その際に上限金額に引っかかってしまいパーレイ法の手法が阻害されてしまうかもしれません。
オンラインカジノで遊ぶ際にはテーブルリミットがいくらかを把握しておく必要があります。

パーレイ法の注意点

パーレイ法の注意点
①引き際をしっかり見極める

パーレイ法で上手く稼ぐには、良いタイミングでやめられるかどうかが鍵を握っています。

連勝していくと、多くの人が「もう1回、もう1回…」となってしまいがちです。
この欲望に負けずに「○回勝ったらやめる」と先にきちんと決めておき、その通りにゲームを進めていくことが大切です。

何連勝に決めておくと良いのか分からない方には、3連勝で決めておくのがオススメです。
あくまで確率通りにいくとは限りませんが、4連勝となると連続で勝つ確率は6%程と10%を切ってしまいます。
ちなみに1連勝では50%、2連勝では25%、3連勝では12.5%となります。

あまりリスクを負いたく無いという方は、3連勝でやめておくのが無難です。

②単独で使わない

パーレイ法は、必ず連勝しなければ利益にならないところが欠点ですが、他の手法と組み合わせて使うことでかなり強い手法となります。

その中でとても多いのが「パーレイ法×マーチンゲール法」です。
方法としては、勝ち続けたらパーレイ法を、負け続けたらマーチンゲール法を使うというだけです。

パーレイ法は逆マーチンゲール法と呼ばれるように全く逆の手法ですが、逆の手法を使うことによってお互いの欠点を補うことができます。

以上、パーレイ法について詳しく説明致しました。
パーレイ法は簡単な手法となっていますが、その中でもしっかりとタイミングを見極めることが重要です。
上手く利用し、利益を出せるといいですね。

カジノのオンライン化を定着させたソフトウェア

インターネットは、私達の生活やビジネスの中で欠かすことができない情報インフラとして重要な位置を占めています。
その結果、ワークスタイル・ライフスタタイルが大きく進化してきましたが、遊び方や休みの過ごし方にも、色々なパターンが生まれて来ています。

その1つに、それまで一部の人達しか関心のなかったギャンブルにまでインターネットが影響を与えているという事実があります。
それはオンラインカジノというギャンブルスタイルですが、ラスベガス・モナコ・マカオのような本場カジノ感覚で、ポーカーやブラックジャックなどのテーブルゲーム、スロットで稼ぐことができる新感覚のアミューズメント性を確立させています。

これはオンライン型ギャンブルという、今までに目にすることがなかったギャンブルです。
世界中のプレイヤーが、自分の好きな時に何処からでもエントリーできて楽しんでいます。

そのオンラインカジノカジノをゲームコンテンツでサポートしているのがカジノソフトウェアのプロバイダーです。
このプロバイダーとしては、どんな企業があるのでしょう?

ネットエント社

ネットエント社
オンラインカジノが他のギャンブルと大きく異なることは、時間や場所に縛られることなく、ゲームに参加して賭けることができることです。
そのニーズを確立させたのが、モバイルを使ったゲームで秀逸のアプリを作ってきたネットエント社です。

ネットエント社はノーダウンロード型ゲームをベースにカジノソフト事業を強く進めてきた特徴的な企業で、Javaflashのアプリを端末にインストールしておくだけで、パソコン・スマホの内部記憶容量に大きな負担をかけずに、ゲームのスピーディーなレスポンスを実現化させました。
そのおかげでモバイルでゲームに参加しても、ストレスを感じることがなくなったのです。

スマホでオンラインカジノプレイするギャンブラーにとっては、端末のストレスでイライラすることがなくなり、親しみやすいゲームを楽しむことができます。
オンラインカジノの世界では、モバイル需要が昔からあったのですが、ストレスを感じさせることなく、レスポンスの速い環境でプレイすることができるモバイルユースを確立させてきたのは、ネットエントの存在が大きいと言えます。

外出先から空いている時間を利用してプレイするゲームを楽しみたい人は、ネットエント社のゲームを選択すると、とても熱くワクワクしたギャンブルになるはずです。
ノーダウンロードタイプのゲームが、それまで、イライラするだけの印象が強かったのですが、ネットエント社の技術者力でそのマイナスイメージが一変したのです。

プレイテック社

プレイテック社
プレイテック社は、メジャーなカジノソフトプロバイダー会社の中では、比較的に若い企業で1999年に設立されました。
しかし、その快進撃は凄まじく、設立してから積極的な事業推進で、業績を急速に拡大して、カジノサイトの契約を着実に伸ばして行くことになります。
その結果、僅か数年足らずで2006年にロンドン証券取引所で上場することができたのです。

日本でもプレイテック社は知名度の高いカジノゲーミング会社ですが、その名が知渡るようになったのは、ゲームコンテンツ完全日本語化バージョンがリリースされてからです。
そのおかけでユーザーフレンドリーなゲームソフトが、今尚、高い評価を得ているのです。

オンラインカジノのソフトウェア会社としては、大手マイクロゲーミング社とトップの座を競い合うまでに拡大していますが、同社の強みは、単なる優秀なソフトリリースだけでなく、自社で、全ての管理を行っていることです。
販売・メンテナンス・システム管理まで自社運営している点が、同社の大きな強みとなっています。

ソフトウェアは優れたグラフィック・サウンド機能で、ハイレベルのクオリティーのゲーム揃いで、簡単なオペレーションでシンプルな画面作りが好評です。
ここ数年で急速に人気が高まっているライブカジノでも、リアルタイムな空間でディーラーとの駆け引きが熱いハートを踊らせてくれます。

マイクロゲーミング社

マイクロゲーミング社
オンライン業界では、この名前を知らないギャンブラーはいないと言われるくらいにメジャーなソフトウェア企業で、マイクロゲーミング社は、国際金融センターの中心地とも言われるイギリスのマン島に本社を置くオンラインカジノ業界でも、もっとも歴史のある老舗中の老舗です。
1994年に創業したことは、オンラインカジノ業界の中で大きな実績を築いてきたことを証明しています。

多くのメジャー級カジノサイトが同社のソフトウェアを採用していますが、同社のトップランナーとしての所以は、圧倒的なゲーム数で高いシェアを獲得していることと、ゲームの質の高さにあることです。
同社ソフトを採用していることで、カジノサイトにギャンブラーの集客効果が期待できることからも、ブランドの高さを証明しています。

マイクロゲーミング社は、世界中のプレイヤーからのアクセスに対して、安心してゲームを楽しんでもらえるように、ゲームが安定して稼働することや、ペイアウト率の公開をオープンにしていること、サーバーの稼働を安定させてきることなどに重点を置いて事業運営に取り組んでいます。
2005年には、ゲームの日本語対応も行われ、その後は日本語対応の完全化・多言語機能という対策もできたことで、オンラインカジノファンの拡大に貢献しています。
マイクロゲーミングは、コンテンツ数が豊富さに加え、月1回の新作ゲームリリースも続けられていることも、設立以来、トップランナーの地位を各方向し続けている理由の1つです。

このように、世界のギャンブラーを夢中させるマイクロゲーミングは、業界のトップランナーに相応しい企業です。

業界を挙げて取り組む詐欺防止の施策

インターネット環境さえあれば誰もが気軽に楽しめるオンラインカジノ。
日本国内はもちろんですが、世界でも高い人気を集めているその理由はやはり「手軽さ」が挙げられます。
インターネット環境さえあれば誰もが楽しめる環境になりますので、スマートフォンさえあれば楽しめると言っても過言ではありません。

しかし、一方ではオンラインカジノに対して「プログラムされているものだから絶対に勝てないようにできているのではないか」といった、いわば「オンラインカジノは詐欺があるのではないか」と考えている人もいるようです。

オンラインカジノでは詐欺が行われているのか

オンラインカジノでは詐欺が行われているのか

確かにオンラインカジノはプログラムされたものを楽しむコンテンツです。
現実のカジノの場合、目の前でディーラーがいろいろなことをしてくれるアナログなものなので、詐欺や不正は難しいことでしょう。

しかし、プログラムされているものであるオンラインカジノは、ユーザーの目に見えない部分で様々な小細工が行われていたとしても、ユーザーには分かりません。
スマフォアプリのガチャのように、排出率が表記されていても、ではその輩出率が正しいのかを調べる術はありません。

そのため、なかなか勝利を掴めないと、「もしかしたら勝てないようになっているのではないか」と疑いのまなざしを向ける人がいるのも分からない話ではありません。

オンラインカジノの詐欺の可能性

オンラインカジノの詐欺の可能性

それでもオンラインカジノの詐欺の可能性は「限りなく0に近い」と言えます。
まず、オンラインカジノは決して誰もが営業できるものではありません。
スマフォアプリの場合、基本的にはどの業者も可能です。
GoogleやAppleの審査が必要ですが、決済システムさえ自前で用意できるのであれば、どの業者でもアプリのリリースが可能です。

一方のオンラインカジノはライセンス制です。
オンラインカジノを営業している業者はオンラインカジノが合法な国においてライセンスを取得しています。
つまり「よく分からない業者」ではなく、どのような業者なのかまで把握されています。

オンラインカジノを経営している会社の中には、地元の証券市場に上場しているところもあれば、リゾートビジネスで成功を収めていたり、地元で多くのシェアを獲得している業者など、信頼できる業者も多々あります。
そのような業者が目先の利益を求めて詐欺行為を働き、もしも明るみになった場合のリスクはとてつもなく大きなものです。

第三者による監査もあります

第三者による監査もあります

オンラインカジノは、オンラインカジノ業者とはまったく関係のない第三者による監査を受けている所も多々あります。
健全なシステムなのか、裏で不正は行われていないのかなどを監査する機関からのチェックを受け、「健全」だと評価されている業者は多いです。

また、業者そのものがチェックを受けていないとしても、業者にオンラインカジノのソフトを提供しているソフトウェア会社が監査を受け、「健全」「問題なし」との評価を打受けている所もあります。

第三者委員会は決してオンラインカジノだけではなく、カジノ全般をチェックしていたり、オンライン上のゲームの監査を行っているところなど様々ですので、これらから「問題なし」との評価を受けている業者もまた、信頼できる業者だと考えて良いのではないでしょうか。

ライセンスは更新制

先にオンラインカジノはライセンスを取得して営業しているとお伝えしましたが、ライセンスは一度取得したら以降永遠に継続するものではなく、更新しなければなりません。

もしもですが、更新時に不正等が見つかった場合、更新できないのは言うまでもありませんし、今の時代、「更新できなかった」という事実が一瞬にして世界中を駆け巡ります。
先に、オンラインカジノ業者は実際にサーバー上だけではなく、現実空間でビジネスを行っている業者が多いとお伝えしましたが、仮にそのような情報が錯綜すれば、現実のビジネスにも悪影響を及ぼすことは必至です。

「ライセンスを更新できなかった」という事実は、何らかの不正が行われていたことを意味しますので、その夜な業者が運営している他のサービスを信頼しろと言われても難しいのではないでしょうか。

オンラインカジノ業者としてもその点は常に留意しておかなければならない部分になりますので、健全に運営しているオンラインカジノ業者は、「安心しても問題なし」、つまり詐欺行為など行っていない業者だと考えて良いでしょう。

まとめ

勝負は時の運です。
オンラインカジノも決して「必勝」ではなく、ギャンブルである以上勝利もあれば敗北もありますが、敗北が続くと「裏で操作されているのではないか…」と疑心暗鬼になる気持ちもよく分かります。

しかし、オンラインカジノを取り巻く環境を考えると、不正を行うリスクはとてつもなく高いですし、そもそも不正を行っていたらオンラインカジノの営業そのものが危うくなりますので、詐欺のある可能性は限りなく0%に近いでしょう。

オンラインカジノの新形態について

オンラインカジノで人気を集めているのがライブゲームです。
ライブゲームは徐々にそして確実にオンラインカジノの中で存在感を高めていますが、まだまだ遊んだことがないという人も多いのではないでしょうか。

「ライブゲーム」という言葉から、どのようなゲームなのか何となく見当がつくというプレイヤーも多いかもしれませんが、今回はライブゲームとはどのようなゲームなのかについて解説していきます。

ライブゲームとは「ライブ」なゲーム

ライブゲームとはライブなゲーム

ライブゲームとは特定のゲームを指すのではなく、いわば「スタイル」です。
オンラインカジノには様々なゲームがあるのは多くの方がご存知でしょう。
ポーカー、ブラックジャック、バカラ、ルーレットにスロットマシン。
様々なゲームの中から自分の好きなゲームを自由に楽しめる点もオンラインカジノの魅力ですが、それらと同列にライブゲームも位置するものではありません。

ライブゲームとは、いわば「方法」です。
先に挙げたゲームは、基本的にプログラムされていますので、24時間いつでも好きな時に楽しめます。
相手がプログラムされたコンピューターなので、対人のようなリアルな駆け引きはありませんが、その分比較的淡々とゲームが進んでいきます。

一方、ライブゲームは「生中継」だと考えると分かりやすいでしょう。
バンカーのテーブルが映し出され、実際にベットします。
相手はもちろん生身の人間になりますので、映像越しではありますが、リアルタイムでの勝負を楽しめます。

かつては技術的に厳しかったものの、近年はスマートフォンさえあれば誰もが個人で映像配信が可能な時代です。
オンラインカジノとしても生配信は決して難しいものではありませんので、徐々にではありますが増えています。

ライブゲームの醍醐味とは?

従来のオンラインカジノにはない、ライブゲームならではな魅力と言えばやはり「臨場感」なのではないでしょうか。

プログラム相手のオンラインカジノも楽しいものですが、相手ディーラーは生身の人間になりますので、例えば仕草、言葉、態度。
これらによって相手がどのような手札を持っているのかを推理することもできます。

もちろんディーラー側もそのようなことはよく分かっていますので、自信があるのに敢えて相手を惑わせるというケースもあるでしょうし、逆に手札に自信がないからこそ自信満々に振舞うなど、相手との心理戦こそライブゲームの醍醐味です。

ライブゲームにはトランプゲームが多い

ライブゲームにはトランプゲームが多い

ライブゲームは増加傾向にあるのですが、トランプを用いたゲームが多いです。
ブラックジャック、ポーカー、バカラは、それぞれルールが異なりますがトランプを使う点が共通しています。
これらのゲームはただ単にトランプの手札を揃えるだけではなく、心理的な戦いが要求されますので、ライブゲームの臨場感にぴったりです。

また、現実的にトランプを用いたゲーム以外ではライブゲームの必要性がさほど高くはありません。
楽しいかどうかという点を抜きに、例えばスロットマシンやルーレットの場合、盤面がプログラムされたモニターでも現実でも、駆け引き要素はありませんので、グラフィックが異なる位の違いにしかなりません。
せっかくライブゲームとして生配信しても、そこまで大きな違いがないとなれば、ユーザーとしても正直なところ、「どちらでもよい」のではないでしょうか。

その点トランプゲームの場合、臨場感がありますので、ライブゲームの魅力を十分に楽しめます。
プログラムされたコンピューター相手にはない臨場感、駆け引き。それらを楽しめるのはトランプを用いたゲームだけと言っても過言ではないだけに、ライブゲームにトランプを用いたゲームが採用されているのも頷けるのではないでしょうか。

今後広がっていく可能性が高い

今後広がっていく可能性が高い

現状、トランプを使ったゲームがライブゲームのメインコンテンツとなっていますが、今後に関しては分かりません。
なぜなら、今以上に通銀技術が高まり、ライブゲームがさらに身近なものになれば、トランプ以外のゲームに於いてもライブゲームの方が良いと判断される可能性もあります。

現状、ライブゲームとなればディーラーを用意するなどオンラインカジノ業者側も負担がありますが、今後さらに時代が進化すれば、ライブゲームでもそれまでのオンラインカジノと同じような設備で行える日も訪れるかもしれません。
その点ではライブゲームが今後どのように進化するかはオンラインカジノ業界だけではなく、通信技術業界次第でもあるでしょう。

まとめ

ライブゲームは生配信・生中継で楽しめるシステムです。
従来のオンラインカジノ以上に臨場感のあるスリリングな展開を楽しめるようになりますので、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

また、通信技術次第では今後更なる発展も予想されていますし、オンラインカジノの主流となるだろうとも予想されていますので、今後ますます目の離せないジャンルへと成長していくことでしょう。