オンラインカジノの仕組みや様々な魅力

オンラインカジノの運営会社とプレイヤー

オンラインカジノでは運営会社とプレイヤーが存在しています。
オンラインカジノのサイトをインターネット上に公開し、カジノゲームを提供しているのが運営会社です。
プレイヤーはオンラインカジノに登録し、カジノゲームを楽しむと言う仕組みになっています。

お金を賭けたくない時は無料ゲームで楽しみます。
お金を賭けたい時はオンラインカジノのアカウントに入金し、チップを購入しておきます。
プレイヤーが有料ゲームに勝った時はペイアウトと呼ばれる払い戻しが受けられます。
つまり運営会社がギャンブルで言う胴元となっているのです。

政府がライセンスを発行

オンラインカジノの運営会社に対し、ライセンスを発行しているのが政府です。
ライセンスの発行を受けるには審査をクリアすることが必要です。
審査中は当然ながら営業を行うことは出来ません。

ライセンスを発行する国の政府は20以上あると言われています。
イギリス、ジブラルタル、マン島、マルタ共和国、オルダニー島、キュラソー島などのEU系は特に厳しい審査を行うことで知られています。

ライセンスを発行する政府には税金と言う収入が入ります。
オンラインカジノにより、税収難の解消が期待出来ると言う訳です。
その他にもライセンス料と言う収入も入ります。

運営会社はライセンスの発行を受けるまで大きなコストと時間を掛けています。
しかし政府からお墨付きを貰えるため、安心して営業が出来ると言うメリットがあります。
厳しい審査を行う政府が発行するライセンスの場合、取得しておくとプレイヤーから信用されやすくなります。

ソフトウェア会社がカジノゲームを制作

カジノゲームを制作しているのがソフトウェア会社です。
運営会社が制作するより、専門のソフトウェア会社に任せた方がハイクォリティーなカジノゲームを提供出来るようになります。
運営会社はソフトウェア会社と契約を結び、カジノゲームの使用料を支払しています。

ソフトウェア会社は一つでは無く様々です。
特に有名なのがマイクロゲーミング社、プレイテック社、クリプトロジック社です。
ネットエントと言うソフトウェア会社ではインストール不要のFLASH式カジノゲームを提供しています。
それぞれ特徴が異なるため、ソフトウェア会社でオンラインカジノを選ぶと言うプレイヤーも存在しています。

入出金を扱う決済会社

オンラインカジノのアカウントへの入金、プレイヤーへの出金を扱っているのが決済会社です。
決済会社は運営会社とプレイヤーの間に入る存在となります。

日本で発行されているクレジットカードで入金しようと思っても出来ないことが多いです。
JCBカードは特に厳しいと言われています。
そんな時に便利なのがオンライン決済サービスです。
e-Wallet、Zbanc、webanq、i-BANQなど様々なオンライン決済サービスがあります。
オンラインカジノによって利用出来るオンライン決済サービスが異なります。

ペイアウト率が高いと言う魅力

オンラインカジノはペイアウト率が非常に高いと言う魅力があります。
日本でギャンブルと言うとまず思い浮かぶのが競馬です。
日本の競馬の場合、ペイアウト率は70%から75%であると言われています。

しかしオンラインカジノ場合、94%から97%ほどのペイアウト率が期待出来るのです。
ペイアウト率は高ければ高いほどプレイヤーに有利となります。
ペイアウト率は100%以上でプレイヤーの勝ち、100%以下で胴元の勝ちとなります。
100%丁度で胴元とプレイヤーは引き分けです。
94%から97%のペイアウト率では胴元が結局勝ちますが、それでも他のギャンブルと比べると勝ちやすいと言えます。

億プレイヤーを目指せる魅力

オンラインカジノにはジャックポットと言う魅力があります。
ジャックポットは世界中に存在するプレイヤーから少しずつ賞金を集め、当たったプレイヤーが貰えると言う仕組みになっています。
高額な賞金が積み上がることが多く、中には億プレイヤーも誕生しているのです。
確率的にはかなり難しいのですが、宝くじのような夢があるのが良いところです。

日本に居ながらプレイ出来る魅力

日本人プレイヤーでもオンラインカジノなら日本に居ながらカジノゲームのプレイが出来ます。
旅費を支払し、飛行機に乗ってカジノ合法国まで海外旅行に行くと言う手間は掛かりません。

オンラインのカジノゲームでは物足りないと言うプレイヤーはライブゲームを楽しむと言う方法もあります。
ライブゲームではオンラインながら生身のディーラーと勝負が出来るのです。
美人ディーラーを採用するオンラインカジノも多いです。

使い過ぎには注意

オンラインカジノにはギャンブル依存症と言うリスクがあります。
中には借金してギャンブルにつぎ込むと言う方が見られるために注意が必要です。
どのギャンブルでもそうではありますが、引き時が肝心です。
ここまで負けたら止めると予め決めておき、それを厳格に守ることを心がけるとリスク回避に役立ちます。